セメント瓦の寿命が来たら三州防災瓦へ葺き替え

セメント瓦から三州防災瓦へ葺き替え

いつもお世話になっております。加藤瓦店です。

成田市のお客様から、瓦がずれて雨樋が落下しているから修理してほしいとの依頼を受けました。

セメント瓦がずれている

早速伺って点検してみると、施工からかなり年数が経ったセメント瓦が全体的に大きくずれていました。

人が乗っただけでも割れてしまうようので、既存の瓦を用いた修理はできない状態でした。

お客様としては、後々メンテナンスが楽な屋根にしてほしいとのことでした。

加藤瓦店からは、セメント瓦から三州防災平板瓦への全面葺き替えをご提案させていただきました。

また、雨樋の交換もあわせてご提案いたしました。

雨樋が落下

三州防災平板瓦とは

三州防災平板瓦とは、塗装の必要がなく、施工後のメンテナンスが比較的楽な瓦です。

また、防災瓦なので、瓦同士でお互いをロックすることができるため、強風に強い屋根になります。

その三州防災平板瓦を屋根工事のガイドラインに沿って施工すれば、台風や地震などにも強い屋根が出来上がります。

防水シートと瓦桟の施工

まず、既存の瓦を撤去します。

次に、防水シートと瓦桟を施工します。

防水シートの施工

加藤瓦店では、ゴム改質アスファルトルーフィングという防水シートを使用しています。

防水性が高いので、雨漏りに強い屋根にすることができます。

防水シートの上に、瓦桟を施工します。

瓦桟の施工

瓦桟は防腐処理をした杉材を使用しており、穴が開いているので、雨水を逃がしやすい構造になっています。

平瓦の施工

瓦桟の上に平瓦を施工します。

平瓦は1枚ずつステンレスの釘で止めるので、風にも強くなります。

棟瓦の施工

平瓦の次は棟瓦を施工します。

まず、前の屋根にはなかった棟金具を施工します。

棟金具の施工

棟金具には、防水処理をした垂木を取り付けます。

垂木の施工

棟金具の施工が終われば、その上になんばんを施工します。

なんばんの施工

垂木の上に棟瓦をかぶせて、棟を仕上げます。

棟瓦の仕上がり

棟瓦は1枚ずつビスで止めるので、強風でも飛ばされづらい屋根になります。

雨樋の修理

最後に、雨樋を修理します。

雨樋の修理

雨樋の受け金具を取り付け、そこに新しい雨樋を取り付けます。

雨樋の修理完了

これで、雨樋の修理も完了です。

記事
セメント瓦の寿命が来たら三州防災瓦の屋根へ葺き替え|成田市|加藤瓦店
タイトル
セメント瓦の寿命が来たら三州防災瓦の屋根へ葺き替え|成田市|加藤瓦店
説明
セメント瓦の寿命が来たら、台風にも強い三州防災瓦への葺き替えをおすすめします。
執筆者
Publisher Name
有限会社加藤瓦店
Publisher Logo

屋根のことなら創業100余年 香取市の加藤瓦店へご相談ください

屋根修理・屋根リフォームは創業100余年 香取市の加藤瓦店へ
屋根の無料点検実施中!
0120-852-105までお電話ください。