台風後の点検と屋根修理はお早めに

台風の修理完了

いつもお世話になっております。加藤瓦店です。

成田市のお客様からのお電話で、台風で屋根瓦が飛ばされてしまったので修理してほしいとの依頼がありました。

早速伺って点検したところ、台風の風で平瓦が飛ばされてしまっていました。

平瓦が台風で飛ばされた

また、玄関の谷の板金に穴が開いていて、棟瓦もずれていました。

谷の銅板に穴が開いている。雨漏りの原因になる。

棟瓦のズレ

このままでは雨漏りしてしまうので、平瓦の飛ばされてしまった部分の修理と、玄関の谷板金の交換、棟瓦の取り直し、軒面戸板の工事をご提案させていただきました。

飛ばされた平瓦の修理

まず、飛ばされた平瓦を修理します。

平瓦をステンレスの釘で一枚ずつ止めます。

 玄関の谷の修理

次に、玄関の谷を修理します。

谷板金のまわりの平瓦をはがして、古い板金を撤去して新しいステンレスの板金を施工します。新しいステンレスの谷板金を施工

ステンレスの板金の両脇にシーラーという特殊なスポンジを施工します。

シーラーを施工。隙間を埋めて鳥が巣を作らないようにする。

シーラーを施工することで、瓦の隙間を埋めることができ、鳥が巣を作ったり、雨漏りしたりするのを防止できます。

板金の施工が終わったら、谷の周りの平瓦を再度施工します。

 棟瓦の施工

棟瓦が台風の影響と経年劣化でずれていたので取り直し工事をします。

まず、既存の棟瓦と粘土を撤去します。

棟瓦と粘土を撤去。

次に、シルガードと呼ばれるなんばんを施工します。

シルガードで棟の施工。ホルマル銅線で棟瓦を緊結

棟瓦をすべてホルマル銅線で緊結し、なんばんと交互に施工し、棟を仕上げます。

 軒面戸板の施工

軒面戸板とは、プラスチックでできた板で、軒先の裏側にぴったり合うように作られた部材です。

軒面戸板の施工

古い和瓦では、軒先の裏側に漆喰をぬっておさめていたのですが、経年劣化で漆喰がぼろぼろ落ち、穴が開いてしまいます。

その穴に鳥が入って巣を作ってしまうので、近年ではそれを防ぐために軒面戸板を施工します。

軒面戸板の施工には、雨樋を撤去しなくても軒瓦とその上の平瓦2枚を外せば屋根の上から施工できるというメリットがあります。

瓦を外して軒面戸板を施工

今回は軒面戸板が棟瓦にかかってきた部分もあったので、その部分は棟瓦も撤去します。

撤去した後、軒面戸板を施工し、瓦を元に戻します。

これで、施工完了となります。 

台風の修理完了

台風での被害の修理は火災保険の対象です

台風や突風、ひょう、雪などの風水害での被害は、火災保険の対象になります。

それに対して、経年劣化での屋根の損傷は火災保険を適用できませんのでご注意ください。

火災保険についての業者選びの注意点をまとめましたので、こちらもあわせてご一読ください。

お早目の点検と早期の修理が重要

台風や風の強い日の後は、雨漏りしていないか、屋根がずれていないかチェックすることをおすすめします。

早めに損傷個所を発見することで、屋根修理の工事の規模を小さくすることができ、工期や費用を抑えることができます。

こまめな点検と、早めの修理が屋根の長持ちの秘訣です。

屋根無料点検実施中!

加藤瓦店では屋根無料点検を実施中です。

0120-852-105までお電話をいただければ、すぐに伺って点検させていただきます。

どんな小さな工事でも誠心誠意取り組ませていただきますので、お気軽にご連絡ください。

台風接近時の注意点

台風が接近し雨や風が強くなったら、屋根が飛ばされていないか確認するために屋根にあがろうとすることは大変危険ですので、絶対にしないでください。

まずはご自身の安全を確保してください。

台風が接近してしまってからは、屋根に関してできる対策はほとんどないとお考えいただいたほうがいいかと思います。

効果的な台風対策は台風が来る前にやっておかなければなりません。

台風接近時の注意点についてまとめてみましたので、ご一読ください。

成田市の最新情報

  • 成田市の屋根修理・リフォームは創業100余年 安心の加藤瓦店へ 2017年6月28日 おかげさまで加藤瓦店は屋根修理・リフォームの専門店として創業100余年を迎えました。 1世紀以上やってこられましたのもお客様に支えていただいたからです。 成田市でもたくさんの屋根修理やリフォームの工事に加藤瓦店を選んでいただきました。
  • 香取市を含む千葉10区の選挙結果は?-第48回衆議院議員総選挙 2017年10月23日 2017年10月22日に第48回衆議院議員総選挙の投票が実施され、即日開票されました。 今回は台風21号の影響もあり、一部選挙区では選挙結果の確定が23日にずれ込みました。
  • 佐原の大祭2017年の日程と見どころまとめ-ユネスコ無形文化遺産 2017年7月13日 太田道灌。佐原の大祭佐原の大祭は、佐原のまち中で、高さ4m以上の山車(だし)を曳き廻すお祭りです。 江戸時代から300年以上続く、歴史のあるお祭りでもあります。 山車の上には高さ4~5mにもなる日本最大級の大人形が飾られており、山車と合わせると10m近くの高さになります。 その山車が佐原の伝統的建造物のまち並みの中を進んでいくという、ちょっと他ではみられない大迫力のお祭りが佐原の大祭です。
  • セメント瓦の寿命が来たら三州防災瓦へ葺き替え 2017年7月4日 セメント瓦から三州防災瓦へ葺き替え成田市のお客様から、瓦がずれて雨樋が落下しているから修理してほしいとの依頼を受けました。 早速伺って点検してみると、施工からかなり年数が経ったセメント瓦が全体的に大きくずれていました。 人が乗っただけでも割れてしまうようので、既存の瓦を用いた修理はできない状態でした。
  • 雨漏り屋根のなおし方-雨漏り修理は技術と経験が必要 2017年7月2日 棟取り直し工事が完了。雨漏りが止まった。成田市のお客様から、屋根が雨漏りしているから点検してほしいとのお電話をいただきました。 早速伺ってみると、平瓦が一部劣化し、棟瓦の漆喰と粘土が抜け落ちていました。 棟瓦の漆喰と粘土の風化が激しく、棟瓦をすべて取り直さなければ雨漏りは止まらないと判断し、棟瓦の取り直し工事をご提案させていただきました。
記事
台風後の点検と屋根修理はお早めに|成田市|加藤瓦店
タイトル
台風後の点検と屋根修理はお早めに|成田市|加藤瓦店
説明
成田市の台風後の屋根修理のご紹介です。強い台風があった後は雨漏りしていなくても一度点検をすることをおすすめします。加藤瓦店では屋根の無料点検を実施中です。0120-852-105までお電話ください。雨漏りする前に、早めの修理がおすすめです。
執筆者
Publisher Name
有限会社加藤瓦店
Publisher Logo

屋根のことなら創業100余年 香取市の加藤瓦店へご相談ください

屋根修理・屋根リフォームは創業100余年 香取市の加藤瓦店へ
屋根の無料点検実施中!
0120-852-105までお電話ください。