スレート屋根の塗装が不要になる方法-カバー工法でメンテフリー

平部の施工完了。残すは棟部

いつもお世話になっております。加藤瓦店です。

今回はスレート屋根のメンテナンスについて、塗装工事とカバー工法のご説明をさせていただきます。

スレート屋根は塗装が必要

スレート屋根はおよそ10年から15年経つと色落ちや変色が出てきて、汚れも目立ってきます。

そのまま放置すると屋根材が劣化して雨漏りの原因になります。

ですので、スレート屋根を長持ちさせるためには、通常10年ほどごとに屋根の塗装が必要になります。

塗装工事は、まず足場を設置して、スレート屋根を高圧洗浄機で洗浄した後、下塗り、中塗り、上塗りと3回の塗装をします。

きれいになった後も10年経てばまた塗装が必要になってくるため、毎回メンテナンス費用が結構かかってしまいます。

メンテナンス費用を抑えるために

メンテナンス費用を抑えるために最近注目されているのが、カバー工法です。

カバー工法は、1回の工事費用は塗装工事よりも高くはなるのですが、長い目で見ると塗装工事を2回やるよりも1回のカバー工法での工事の方が安く、長持ちする屋根にすることができます。

カバー工法とは

カバー工法とは、古いスレート屋根を撤去せず、その上に防水シートをはり、ガルバリウム鋼板という板金を1枚ずつ施工していく工法です。

ガルバリウム鋼板とは、アルミニウムと亜鉛、シリコンを合わせて作った鋼板で、従来のものよりも耐久性に優れており、長持ちします。

カバー工法のメリット

カバー工法には以下のようなメリットがあります。

  1. 塗装工事と比べて長期間メンテナンスの手間がかからない屋根になります。メーカー・製品によっては10年から30年の保証がついている場合もあります
  2. 既存の屋根を撤去せずにその上に施工するので、工期が短くできます
  3. 既存の屋根はそのままなので、工事中の雨漏りの可能性を低くできます
  4. 廃材が出ないので、スレートの処分費用や撤去費用がかからず、全体として安く工事ができます

まとめると、工事を安く短期間ででき、メンテナンスの手間を減らすことができる工法であるといえます。

カバー工法の施工例

以前に「カバー工法できれいな屋根に」という記事でカバー工法での施工例についてご紹介していますので、参考になさってください。

カバー工法は加藤瓦店へ

加藤瓦店では、もちろんスレート屋根の塗装工事も承っております。

ただ、長期的な視点で見るとコストを抑えられて、メンテナンスの手間も減らせるカバー工法をおすすめしています。

「うちはスレート屋根で建ててから結構経つけど、そろそろ塗装しないといけないかな」

「もう塗装は2回目だけど、塗装しなくていい屋根にならないかな」

と、お考えの客様は一度カバー工法をご検討されてみてはいかがでしょうか?

加藤瓦店ではカバー工法についてのご質問にもお答えします。

0120-852-105までお気軽にお電話ください。

屋根のことなら創業100余年 香取市の加藤瓦店へご相談ください

屋根修理・屋根リフォームは創業100余年 香取市の加藤瓦店へ
屋根の無料点検実施中!
0120-852-105までお電話ください。