雨漏り屋根のなおし方-雨漏り修理は技術と経験が必要

棟取り直し工事が完了。雨漏りが止まった。

いつもお世話になっております。加藤瓦店です。

成田市のお客様から、屋根が雨漏りしているから点検してほしいとのお電話をいただきました。

雨漏りしている

早速伺ってみると、平瓦が一部劣化し、棟瓦の漆喰と粘土が抜け落ちていました。

棟瓦の漆喰と粘土が風化し、落ちている

棟瓦の漆喰と粘土の風化が激しく、棟瓦をすべて取り直さなければ雨漏りは止まらないと判断し、棟瓦の取り直し工事をご提案させていただきました。

ボンドで雨漏りは止まる?

お客様のお話では、他の業者にも見てもらったところ、業者に「棟瓦等をボンドで止めれば雨漏りが止まるし、大地震でも大丈夫」と言われたとのことでした。

しかし、ボンドで止めたところで雨漏りは止まりませんし、棟瓦の見栄えが悪くなってしまいます。

また、ボンドで止めただけでは、どんな大地震にも耐えうるような耐久性を備えることはできません。

したがって、加藤瓦店では、細かいところをシリコンで止めることはありますが、ボンドで棟瓦を止めて終わり、といった工事はしておりません。

雨漏り修理は原因究明と的確な対策が重要

最近、棟瓦の取り直し工事をできる技術がなく、棟瓦をボンドで止めて工事を終わりにしてしまって、「これで一生屋根は大丈夫です」というような業者があるようです。

しかし、そういった業者が施工した後、雨漏りしてしまう、といったケースが多くあります。

雨漏りの根本的な原因がわかっておらず、原因に対して的確な対処をする技術がない業者が施工をするとそうなってしまうことが多いと考えます。

雨漏りにはいろいろな原因があって、その原因ごとに対処の方法が違うので、対処を間違うと雨漏りがなかなか止まらない、ということになってしまいます。

雨漏り修理を頼むのであれば、実績があって信頼できる業者さんに依頼するのをおすすめします。

業者の選び方の注意点について、まとめていますので、是非ご一読ください。

棟取り直し工事

今回は、お客様が加藤瓦店と他の業者の説明を聞いたうえで、加藤瓦店を選んでいただきました。

工事の金額としては加藤瓦店の方が少し高かったのですが、説明に納得いただいたうえで加藤瓦店に工事を任せていただきました。

既存の棟瓦の撤去

まず、既存の棟瓦と漆喰と粘土を撤去します。

棟瓦と漆喰と粘土の撤去

既存の瓦はそのまま使います。

なんばんと棟瓦の施工

次に、なんばんを施工します。

なんばんの上に、棟瓦を施工します。

なんばんと棟瓦の施工し、棟瓦はホルマル銅線で1枚ずつ緊結

棟瓦は1枚ずつホルマル銅線で緊結します。

棟の段数の数だけその工程を繰り返し、仕上げます。

棟の仕上がり

屋根のリフォームのご相談は安心の加藤瓦店へ

屋根の修理やリフォームの業者はたくさんあります。

しかし、残念ながらそのすべてが技術や実績を持った業者であるとは言い難いのが実情です。

屋根のリフォームや雨漏り修理を検討される際には、工事金額だけで決めてしまうのではなく、工事の内容も吟味したうえで業者を選択されることをおすすめします。

技術や実績を持った業者さんにご相談されることで、お客様としても安心してリフォームができるようになります。

ご相談いただいたうえで工事内容が同じであれば価格や業者さんの技術を考慮して決める、というのがお客様にとって賢い選択といえるのではないでしょうか。

加藤瓦店には、100年以上お客様に選んでいただき、培ってきた実績と技術があります。

お客様のご要望に合わせて工事のご提案をさせていただきますので、まずは0120-852-105までご相談ください。

 

 

 

 

記事

屋根のことなら創業100余年 香取市の加藤瓦店へご相談ください

屋根修理・屋根リフォームは創業100余年 香取市の加藤瓦店へ
屋根の無料点検実施中!
0120-852-105までお電話ください。