今では貴重な輪違の飾り棟の取り直し雨漏り修理

今では貴重な輪違の棟飾り

いつもお世話になっております。加藤瓦店です。

成田市のお客様から雨漏りしているので点検してほしいとの依頼がありました。

早速伺って点検してみると、今では珍しい輪違の飾りのある大棟の裏側から雨漏りしていました。

腐食した瓦桟と防水シート

雨漏りしていた個所の瓦をめくると、瓦桟が腐食していて、防水シートが機能していませんでした。

腐食している部分の瓦を撤去して、防水シートと瓦桟を新しく施工する工事をご提案しました。

大棟瓦も漆喰がはがれていたので、棟の取り直し工事もあわせてご提案しました。

 平瓦の撤去

まず、雨漏りしている個所の平瓦を撤去します。

平瓦の撤去

防水シートの施工

瓦を撤去した後、防水シートを施工します。

防水シートの施工。雨漏りに強い屋根に

加藤瓦店では、ゴム改質アスファルトルーフィングを使用しています。

これは、通常の防水シートより丈夫で、雨漏りに強い屋根にすることができます。

瓦桟の施工

防水シートの上に、瓦桟を施工します。

きずりテープと瓦桟の施工。雨漏りに強くなる

瓦桟の下に、きずりテープという厚みのあるテープを縦に流し、その上に瓦桟を施工します。

これによって、瓦桟が防水テープから浮き、雨水が流れやすくなり、雨漏り対策になります。

平瓦の施工

瓦桟に1枚ずつ平瓦をステンレスの釘で止め付けます。

大棟の修理

最後に、大棟を修理します。

今では珍しい輪違の大棟を1枚ずつ撤去します。

撤去したら、なんばんを施工し、棟瓦を1枚ずつ緊結し、施工します。

1枚ずつ積みなおして、元の立派な棟瓦を再現します。

これによって、地震、台風や雨漏りに強い屋根に生まれ変わりました。

貴重な輪違の棟飾り

 

屋根のことなら創業100余年 香取市の加藤瓦店へご相談ください

屋根修理・屋根リフォームは創業100余年 香取市の加藤瓦店へ
屋根の無料点検実施中!
0120-852-105までお電話ください。