佐原の大祭2018年秋祭りの日程と見どころまとめ-ユネスコ無形文化遺産

太田道灌。佐原の大祭

いつもお世話になっております。加藤瓦店です。

 

少しずつ秋の雰囲気を感じられる日も増えてきました。

 

秋の気配を感じてくると、佐原の人々の多くは秋祭りのことが気になり始めます。(前の祭りが終わった瞬間から次の祭りのことで頭がいっぱいになる人も佐原には多いですが。)

 

山車のお祭りといえば、7月の京都の祇園祭が全国的にも有名です。

 

祇園祭は1か月丸々お祭りという祭り好きにはたまらないお祭りで、7月の耐え難い盆地の暑さの京都に沢山の人々が集まります。

 

そんな関西の祇園祭に対して、関東の山車のお祭りとして最近注目されているのが、千葉県香取市の佐原の大祭です。

 

佐原の大祭とは

佐原の大祭は、佐原のまち中で、高さ4m以上の山車(だし)を曳き廻すお祭りです。

 

江戸時代から300年以上続く、歴史のあるお祭りでもあります。

 

山車の上には高さ4~5mにもなる日本最大級の大人形が飾られており、山車と合わせると10m近くの高さになります。

 

その山車が佐原の伝統的建造物のまち並みの中を進んでいくという、ちょっと他ではみられない大迫力のお祭りが佐原の大祭です。

 

佐原の大祭は夏と秋に行われ、夏は7月の八坂神社祇園祭、秋は10月の諏訪神社秋祭りとして、小野川を挟んだ東(夏・本宿)と西(秋・新宿)の地域で行われます(両方のお祭りに参加している人も多いです)。

 

関東三大山車祭りのひとつに数えられ、毎年たくさんの方々が佐原にいらっしゃいます。

 

2016年に佐原の大祭がユネスコ無形文化遺産に登録

2016年11月30日に佐原の山車行事を含む「山・鉾・屋台行事」がユネスコの無形文化遺産に登録されました。

 

ユネスコの無形文化遺産とは、世界各地で消滅の危機にある無形文化遺産の保護を目的とした条約で、文化遺産条約が有形の不動産を対象としているのと対になっています。

 

国を挙げて保護していくべき文化として、佐原の大祭が登録されたのは喜ばしいことと受け入れられていて、2017年4月29日、30日には特別にイベントが催されました。

 

普段は一緒に観られない夏祭りと秋祭りの山車がまとめて観られる貴重なイベントとして、たくさんの人々が集まりました。

 

みんなで盛り上げて、永く続くお祭りにしたいですね。

 

2018年の佐原の大祭の日程は?いつやるの?

佐原の大祭の日程については、夏は7月の10日を過ぎた最初の金、土、日の3日間で、秋は10月の第2土曜日を中日とする金、土、日の3日間開催されます。

 

2018年(平成30年)の夏祭りは7月13日、14日、15日の3日間開催されました。

 

2018年(平成30年)の秋祭りは10月12日、13日、14日の3日間開催される予定です。

何時から何時まで?

基本的には各日午前10時から午後10時まで行われています。

 

佐原の大祭は雨天決行?

もちろん雨でも佐原のお祭りはやっています。

 

夏祭りは梅雨の時期だったり、秋祭りは台風のシーズンだったりするので天気が心配になるのですが、なかなか中止になったりはしないので、安心してお祭りに来てください。

 

ただ雨の場合、山車にビニールシートがかぶせられるので、ご留意ください。

佐原の大祭は雨でもやります。

雨の中のお祭りもまた違った趣がありますので、雨対策をして観に来てみるのもいいと思います。

 

2017年の秋祭りは3日とも雨が降っていた珍しいお祭りとなりましたが、いつも通り3日間お祭りは開催されました。

 

2018年佐原の大祭雨の中ビニールシート

 

雨でも佐原の大祭は行われますが、雨対策を忘れないようにしていただきたいと思います。

 

 佐原の大祭秋祭り2018年の見どころは?

「のの字廻し」

のの字廻しとは、重さ4トンほどの山車の右前輪を軸にして、山車をひらがなの「の」の字を書くように回転させる、曲曳きのひとつです。

 

大きな山車が音を立ててダイナミックに回転するのは見ごたえがあります。

 

のの字廻しの動画です。

回すのにも上手い下手があって、ゆっくり、丁寧に、しかし決して止めずに回すことができる町内が上手なものとされています。

 

回るときの山車の提灯の揺れにも注目です。

 

回したあとのアスファルトには、車輪(ハンマ)の跡がくっきりと残ります。

のの字廻しの跡。佐原の大祭

 

香取市観光と祭り写真コンクールの作品募集中

香取市の観光と祭り写真コンクールの作品を募集中です。

 

観光の部と祭りの部があり、お祭りで撮った写真は祭りの部の出品になると思います。

 

応募は専用サイトからになるようです。

 

応募期限は2018年の10月31日23時59分59秒までになります。

 

夏祭りの写真で応募してもいいですし、秋祭りの写真でも期限には間に合いますので、力作を応募されてみてはいかがでしょうか。

山車はどこにいる?

山車は各町内ごとに巡行のコースに沿って曳き廻されます。

 

以前はどこに山車がいるのか把握するにはいろんな人に聞いたり、自分の足で探したりしていたのですが、最近は便利なものができたようです。

 

佐原の大祭に駐車場はある?駐車料金は?

佐原の大祭期間中は、利根川河川敷に1000台分の臨時駐車場が設けられます。

 

駐車料金は無料です。

 

臨時駐車場から佐原のまち中までは、9時30分~21時の間、シャトル船が運航されています。

シャトル船は有料で、大人往復1,300円、子ども往復700円となります。

 

佐原ってどこにあるの?

佐原は千葉県の北東部、香取市にあります。

 

東京駅からはJR総武線、成田線で約2時間、高速バスで約1時間50分、自動車で80分程のところです。

祭りの時期には臨時特急も運行されますので、お越しいただきやすくなると思います。

 

鷹。佐原の大祭

 

佐原よいとこ水の郷

お祭り中の佐原は普段とは違った特別な雰囲気になります。

 

それがみられるのも、1年の中でも6日間だけです。

 

また、夏と秋ではその趣も大きく違います。

 

365日の中で3日間だけしかない特別な時間を佐原で過ごしてみてはいかがでしょうか?

佐原の大祭

記事
佐原の大祭2017年の日程と見どころまとめ-ユネスコ無形文化遺産|加藤瓦店
タイトル
佐原の大祭2017年の日程と見どころまとめ-ユネスコ無形文化遺産|加藤瓦店
説明
佐原の大祭についてまとめました。2017年の日程、見どころなどをご確認ください。
執筆者
Publisher Name
有限会社加藤瓦店
Publisher Logo

屋根のことなら創業100余年 香取市の加藤瓦店へご相談ください

屋根修理・屋根リフォームは創業100余年 香取市の加藤瓦店へ
屋根の無料点検実施中!
0120-852-105までお電話ください。